ザ ベスト テン。 沢田研二、『8時だヨ!全員集合』『ザ・ベストテン』などTBS出演時の貴重映像集発売 『日本レコード大賞』映像の初商品化を含むヒット曲満載のDVD7枚組

ベスト テン ザ

🎇 2 TBSアナウンサー(当時)• テロップと字幕での発表でランキングボードは使われなかった。 【放送事故】1985年に「夏ざかりほの字組」(田原俊彦と)の歌唱時、音楽が歌い手に聞こえなくなり、順番を後に回された。 制作サイドではを加えた3人体制での司会を予定していたが、西田がスケジュールの都合がつかず、結局2人体制で番組がスタートすることとなった。

3
ベスト テン ザ

🤞 ただし、50位~31位を紹介する時は、オープニングの演奏と共に曲と顔写真のパネルを表示するだけで、折れ線グラフも、得点の表示もなかった。 第1回放送 [ ] 1978年1月19日に放送開始。 歌手が登場する際は、の演奏(10 - 2位と1位では登場音色が多少異なる)をバックに「ミラーゲート」を通って登場。

15
ベスト テン ザ

⚑ これはランキングを1位から順番に発表し、時間が許すまで11位以下もランキングを発表していくが、歌手が番組に関するクイズに正解しないと歌えない、という内容。 9月26日 - 生島の司会としての出演は最後となり、松下も一旦司会からは離れる。

13
ベスト テン ザ

🤫 進行補助には、関西地方(MBS)の追っかけマンだったが加わった。

15
ベスト テン ザ

⌚ 3 進行補佐として・・が担当 初回放送の前週に放送された『ザ・ベストテン前夜祭』(1978年1月12日)が黒柳・久米コンビの司会スタート。

9
ベスト テン ザ

🎇 10月17日 - ・から「400回記念 ザ・ベストテンin静岡」を放送。 視聴率は31. ハイ、ポーズ〜エンディング ザ・ベストテンのテーマ ザ・ベストテン 歌謡曲編 1978-85 [ ]• 1981年• この頃、黒柳が1987年10月から開始したベストテンの後枠となる平日22時台のニュース番組『』のキャスター就任の打診を受けるも、共に生放送であるベストテンの司会を降板しなければならず、「ベストテンの司会を続けたい」とした事、さらにTBSにおけるベストテンの司会や『』も含めて既存のレギュラー番組を全て降板せねばならない事、仮にキャスターになったとすると裏番組となる久米宏と比較されて見られることに黒柳本人が難色を示した事の3つから、この話は流れてしまった。

3