ラ リヴィエ ドゥ サーブル。 La Rivière de Sable(ラ リヴィエ ドゥ サーブル)

サーブル ラ リヴィエ ドゥ

💕 良い意味で素朴で、食べていて心が落ち着くようなお菓子でした。

14
サーブル ラ リヴィエ ドゥ

🙃 西原シェフは高校卒業後、フランスへ留学。 ツヤツヤ。 製菓学校卒業後、「リーガロイヤルホテル大阪」で2年、神戸の「パティスリー リッチフィールド」で11年勤務されてきました。

19
サーブル ラ リヴィエ ドゥ

✆ 「茨城は豊かな自然に包まれ、多くの農産物に恵まれた土地。

9
サーブル ラ リヴィエ ドゥ

😈 最近、これに相当する、日本の観光資源が古民家ではないかと考えています。

2
サーブル ラ リヴィエ ドゥ

😍 白い壁が清潔感あふれるマンションの1階にある「洋菓子店Slow」は、店構えも陳列方法も「まるで小さな美術館」と、にわかに名古屋っ子からの話題を集めています。 定休日:水曜日• ココナナ 可愛い〜!見た目から夏らしさが感じられます。 これからも、旬の果物や素材を洋菓子に取り入れ、茨城の方を喜ばせてくれるはずです。

18
サーブル ラ リヴィエ ドゥ

☘ このケーキの並びを見るだけで満足してしまいそうな美しさです。

8
サーブル ラ リヴィエ ドゥ

☣ オーナーシェフを務める伊東大樹さんは、レストラン「オテル・ドゥ・ミクニ」、またそのグループ店舗で計5年勤務。

サーブル ラ リヴィエ ドゥ

😩 そもそもゴールドキウイのケーキは珍しい気がしますが、予想以上にクリームやスポンジ生地とも好相性で、面白かったです。 四季折々にかわる日本の季節を感じながら、自分の信じる美味しさを丁寧に作っていきたいです」。

17
サーブル ラ リヴィエ ドゥ

😅 ちなみに花びらを模したチョコレートは薄く、パリパリでした。 土台のビスキュイは粉を使わないサンファリーヌで作っています」 と、見た目よりもあっさりとした口当たりのケーキになっているようです。 それぞれに個性があり、見ているだけでワクワクしてきますよね。

18