住宅 用 家屋 証明 書。 住宅用家屋証明について|仙台市

証明 書 住宅 用 家屋

🖐 受付時間等• マンションの場合で、床または階段・間仕切壁・主要構造部である壁のいずれかのものの過半について行う修繕または模様替え• 床面積が50平方メートル以上であること(区分建物の場合は、当該区分に対して)。 申請書等必要書類• 住宅用家屋証明発行窓口 都市整備政策部建築調整課 東京都世田谷区世田谷4丁目21番27号 世田谷区役所第一庁舎 4階 46番窓口 手数料 1通につき1,300円 住宅用家屋証明の発行にあたっての要件 個人が新築した家屋について証明を受けようとする場合• 未入居の場合の必要書類については、このページの最後にあります。

14
証明 書 住宅 用 家屋

😩 申請者の居住の用に供すること。

4
証明 書 住宅 用 家屋

🤟 ・当該家屋の床面積(登記事項証明書上)が50m 2以上であること。

12
証明 書 住宅 用 家屋

💢 既存住宅売買瑕疵担保責任保険契約が締結されていることを証する書類(取得日前2年以内に締結されたものに限る。 現在の不動産を売却したあとで、新たにマイホームを入手する予定しているというのであれば、少しでも節税するためにも住宅用家屋証明の取得を検討してみてはいかがでしょうか。

証明 書 住宅 用 家屋

☺ 受付時間 午前8時30分~午後5時(土曜・日曜日、祝日、年末年始を除く) 提出先 課税課家屋資産税係(市役所2階) 申請に必要なもの 下記添付ファイルの「税関係証明・閲覧申請書」、「住宅用家屋証明申請書」、「住宅用家屋証明書」をプリントアウトし、必要事項を記入の上、家屋の要件に応じた必要書類を添付して、申請してください。

15
証明 書 住宅 用 家屋

📞 登記事項証明書 または、インターネット登記情報提供サービスより取得した、照会番号、発行年月日の記載のある登記情報• 50万円を超える租税特別措置法施行令第42条の2の2第2項第4号から6号までに掲げるいずれかに該当する工事を行うこと• 窓の断熱性を高める工事または日射遮蔽性を高める工事• 今までお住まいの家屋、部屋の処分方法がわかる書類 (売買契約書・賃貸借契約書・社宅証明書等) (写し可) 新耐震基準を満たしていることを証明した中古住宅を購入した場合 (下記の書類のいずれか一つ)• 所得税の住宅ローン控除の手続き等に必要となる場合がありますので、写しをとっておくことをおすすめいたします。 また、正午前 11時30分 から午後1時および月曜日・木曜日・金曜日は窓口が非常に混雑し、長時間お待たせする場合があります。

19
証明 書 住宅 用 家屋

💢 必要書類の提出手段は、郵送でも受け付けている自治体はありますが、多くの自治体では窓口に直接提出することが求められています。 次のいずれかに該当すること 租税特別措置法施行令第42条の2の2第2項における 1.第1号から第6号工事に要した費用の総額が100万円をこえること 2.第4号から第6号工事に要した費用のいずれかが50万円をこえること 3.第7号工事に要した費用が50万円を超え、給水管、排水管又は雨水の浸入を防止する部分の瑕疵を 担保する既存住宅売買瑕疵担保責任保険に加入すること 1.次のいずれかのもの• 必要書類• また未入居である場合、 全ての書類の コピー(原本提出のものは原本)を提出して頂きます。

証明 書 住宅 用 家屋

✔ こちらの書類はコピーを提出して頂きます。 (1)登記原因証明情報(抵当権の被担保債権が当該住宅の取得等のためのものであることについて明らかな記載があるものに限る)• オ 建物の「登記完了証」(電子申請) 区分所有の場合は、「耐火建築物」又は「準耐火建築物」として建築されたことがわかる建築確認済証及び検査済証等も必要です(詳しくはお問い合わせください)。

10