微力 ながら お 力添え。 ビジネスメールで使える! 「ご尽力」と「お力添え」の意味の違いと正しい使い方とは?

お 微力 力添え ながら

👏 そのようなシチュエーションでは決して使ってはいけない言葉になっています。

お 微力 力添え ながら

📞 「微力ながらお力添えをさせていただけたらと思うのですが…」と申し出た時に「そんなに自信がないんだったら、あなたには手伝ってもらわなくても大丈夫です」と回答する人も稀にいます。

14
お 微力 力添え ながら

☏ その場合は「尽力」を使うよう留意してください。 非力の対義語 非力の対義語・反対語としては、力や作用が強いことを意味する「強力」が(読み方:きょうりょく)あります。

4
お 微力 力添え ながら

🍀 微力ながらお手伝いさせていただきます。 なお、「微力ながら」は自分の力が「微力」だという意味なので、あたりまえですが 相手に協力してもらう時などに「微力ながら」は使わないようにしてくださいね。

9
お 微力 力添え ながら

💕 「僭越ながら」にしても「微力ながら」にしても、相手にお伺いを立てる言葉であって、それは相手への気遣いがありそのような言い回しを使います。 微力と非力と無力の違い 微力と非力と無力の意味の違い 微力と非力と無力の違いを分かりやすく言うと、 微力は力が若干ある時にも使い、非力は力が不足している時に使い、無力は力がない時に使うという違いです。

10
お 微力 力添え ながら

☝ 力が足りないという意味もありますが、一般的に力はあるものの謙遜する時に使われます。 意味は「ひりき」と読む場合と変わりません。

4