エレクトロ タップ。 エレクトロタップを使わずに配線を分岐する

タップ エレクトロ

😜 C26セレナの時は、ほぼ赤タップでOKでしたが、 C27セレナでは、配線がかなり細くなっており、白タップの出番がかなり多いです。

6
タップ エレクトロ

✍ 右上の正常な撚り線と比較すれば、明らかに異常な状態だった。 相手は軟らかいプラスチックなので、簡単に外すことができる。

7
タップ エレクトロ

😀。 ここを守らないと、接触不良の原因になります。 金属への芯線の接触面積が明らかに増えているのが分かりますね。

8
タップ エレクトロ

☺ 後ほど説明します。

5
タップ エレクトロ

⚠ 挙動が怪しい、ということに悩んでいる方は、追加でエレクトロタップをペンチ等で強く挟むことを試すだけでなく、この作業も試してみてください。 その代わり、エレクトロタップ分だけハーネスが短くなるし、長さに余裕のないECU付近などではより短くなることで、無理に曲げる、引っ張る等の余計な負荷を与えてしまうかもしれない。

2
タップ エレクトロ

🚀 5スケアを使う必要が出てきますよね。 ちなみに、先にハンダコーディングを施してからカシメることは、絶対にしてはらならない。 そのギボシやらギボシをかしめる工具 電光ペンチ などがセットになっているのが『ターミナルセット』になります。

16
タップ エレクトロ

✊ ご丁寧に数字が書いてあるので剥く配線に応じて使う場所を変えましょう。

16
タップ エレクトロ

💓 たしかに僕もエレクトロタップの接触不良に悩まされたことがあるんですが、基本的に配線が細くて接触不良が大半です。 もう片方は、再び細いマイナスドライバーを突っ込んでこじ開ける方法や ラジオペンチ等で、挟んで開ける方法もある。

タップ エレクトロ

😄 切り落として導通部分だけを残したのが、写真下側のもの。 完全に切れてから慌てても遅く、もし出先で切れて車が動かなくなれば、原因調査と復旧でドライブを中止しなければならなかった。

9