古今 著 聞 集 小 式 部 内侍 が 大 江山 の 歌 の 事。 小式部内侍

聞 が 部 事 江山 古今 大 の 歌 著 内侍 式 の 集 小

☏ すなわち、 「いにしへよりよきこともあしきことも記しおき侍らずば、誰か古きを慕ふ情けを残し侍るべき」 いにしえからの良いこともまた悪いことも、記録して置かなかったら誰が古い時代のことを懐かしむでしょうか とある。 半ら (なから)=名詞 ばかり =副助詞、(程度)~ほど・ぐらい。

17
聞 が 部 事 江山 古今 大 の 歌 著 内侍 式 の 集 小

🖖 初心者や子どもでも読める一冊. 問二 二重傍線部ア~キを現代語訳しなさい。 お願いします! …続きを読む. その夜になりて、裝束など人に借りて、月は明かかりけれど、顔見えぬやうにもてなして、 B博打ども集まりてありければ、人々しくおぼえて、心にくく思ふ。

19
聞 が 部 事 江山 古今 大 の 歌 著 内侍 式 の 集 小

🤜 参考文献 [ ]• 助動詞: 薄緑のマーカーです 敬語: 緑のマーカーです 係り結び: オレンジのマーカーです。 ここでの結びは「ある」。

7
聞 が 部 事 江山 古今 大 の 歌 著 内侍 式 の 集 小

☘ 」と言ひて、「ともに、まうで来。

20
聞 が 部 事 江山 古今 大 の 歌 著 内侍 式 の 集 小

👎 問四 波線部アについて、「昼ゐるべきほど」とは具体的にはどういうことか、説明しなさい。 問三 二重傍線部A~Eを現代語訳しなさい。 と戯れて立つのを引き留めて、こう詠んだ• 問三 二重傍線部A、Bを現代語訳しなさい。

10
聞 が 部 事 江山 古今 大 の 歌 著 内侍 式 の 集 小

👀 と =格助詞 詠みかけ =カ行下二段動詞「詠みかく」の連用形 けり =過去の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形 思はずに =ナリ活用の形容動詞「思はずなり」の連用形、意外である、思いがけない あさましく =シク活用の形容詞「あさまし」の連用形、驚きあきれるばかりだ、びっくりすることだ て =接続助詞 と詠みかけけり。 ある日敦兼が仕事から帰って来ると、夫人だけでなく家に仕える女房たちも姿を見せません。

17