忍者 スキル 回し 5.2。 パッチ5.1対応 忍者 スキル回し解説(木人叩き)

スキル 5.2 忍者 回し

🤐 忍気はWSのボーナスで溜めたり、Lv66以降であればぶんどるでも溜める事ができる。 強甲破点突による風遁更新• 成功例 失敗例 成功例のように、1印結ぶたびに忍術を発動する必要があります。

8
スキル 5.2 忍者 回し

🖐 「だまし討ち」を入れることでPT全体のDPSが上昇するので、毎に使うように意識しましょう。

16
スキル 5.2 忍者 回し

😚 原因はスキル回しを調べない事 今回調査した上で分かることは、最低限のスキル回しの知識が全くないということです。 煙玉で敵視が高い人を抑制し、 影渡でタンクの敵視を上乗せする。 三連遁術(命水)• 専用ジョブゲージ(忍気)の追加• キャスター• 細かい考察を書くと長くなるため省きますが、理由としては2点。

10
スキル 5.2 忍者 回し

⚑ 連続で使う必要はありませんが、他の忍術に比べて最優先となるので効果が切れたら再度使いましょう。 イベント• タンクがボスに向かってる走り出したら 水遁を準備、初撃が入ったのを確認次第ボスに当てて 活殺自在を使用。

14
スキル 5.2 忍者 回し

☏ 技に統一性が無いので、侍などのように『「閃」を3つ付けて「居合抜き」』と単純に覚えられないのがハードルを高くしていますね! ポイントとしては、まずは「開幕バースト前」と「だまし中(バースト)」を繰り返し叩き込みましょう。 天地人の実用的な組み合わせ かなりややこしいこのスキルですが、天地人を使って風遁を発動する必要はほぼないと仮定すると、実は 実用的なパターンは下記の2つしかありません。 忍気 分身>六道or蛙 ・分身は強力、だまし討ちに合わせるようにしたいが開幕以外はリキャを合わすのが難しいので溜まったら即撃ちをしています。

11
スキル 5.2 忍者 回し

☺ 単体は六道、範囲は蛙を使うようにする。 125• Lv54までは強甲破点突による風遁更新ができない。

スキル 5.2 忍者 回し

🐝 天地人も騙し討ちと一緒に使う。

スキル 5.2 忍者 回し

☯ (天地人で土遁を置く場合は全部火遁に回す) 忍術優先度 だまし討ちのリキャが戻りそうな時に水遁をかけておき、直にだまし討ちが撃てる準備をしておく。 使用中に1ミリでも移動したり、別のアクションを使用すると効果が解除される。

10
スキル 5.2 忍者 回し

♥ で風遁が更新されるようになり、範囲狩りがやりやすくなった。 印を押す度に、押した忍術(印)に応じて違う忍術に変化し、最大3種類の忍術が使える。

2