進撃の巨人130話ネタバレ。 【進撃の巨人】132話「自由の翼」のネタバレ振り返り&感想!

進撃の巨人130話ネタバレ

👀 物語世界の中の情報を記述する際は、内容がにならないように気を付けてください。

進撃の巨人130話ネタバレ

👈 またこの結果、作品世界へと容易に登場させることが可能となった架空の物事に関しては、いわゆる「中二病的なアイデア」であったとしても、なるべく根拠を求めていく姿勢を採っているという。 その結果、エレンを助けることはほぼ不可能となり、ミカサは絶望してしまいます。 ハンジたちは彼の顔を確認し、フロックだと気づきます。

進撃の巨人130話ネタバレ

✇ , この奇跡を叶えた艦隊が阻止できないなら、これを止める手段は…もう人類に存在し得ない, やはり、人類の技術を結集させようと、数千万の超大型巨人を止めることは不可能だったことが分かった。 5〜8巻の内容をさらに詳しく知りたい方へ• お前はよくやった」 優しい声をかけると、そのままファルコを抱きかかえるマガト。

14
進撃の巨人130話ネタバレ

🤙 シガンシナ区以上の規模を持ち、約5万人の人口を擁する。 そのため平地での交戦は回避することが前提とされている。 しかし、こうした方針に異議を唱えた家来のアッカーマン家と東洋人の一族には記憶の改竄が効かない性質を持っていたため脅威とみなされ、主従絶縁となった以降も執拗に弾圧された。

3
進撃の巨人130話ネタバレ

🐝 かつては「超大型巨人」「鎧の巨人」「女型の巨人」「獣の巨人」「車力の巨人」「顎の巨人」の力を継承する6人の戦士で構成されていたが、始祖奪還計画の失敗により「女型の巨人」と「超大型巨人」の継承者2人を喪失したため、それ以降は4人となっている。

4
進撃の巨人130話ネタバレ

☏ , 一方で、この巨人たちを止めるべく、地球上の全ての国が力を合わせ「世界連合艦隊」を発足した。

7