神 に 愛 され た 子。 神の動機は100% 愛

に 愛 た 子 され 神

☺ 同様に、神の霊によって導かれたもの、神の子であるとの告白に沿って生きるものたちのことなのです。 つまり、親が子を愛するように、自分自身と等しい者を愛するということで、ピリアの愛は結局、利己愛に帰着する。

11
に 愛 た 子 され 神

🤚 私たちはまたガラテヤ人への手紙第3章の言葉を使って見ることが出来ます。 愛することは主体的な行為です。

6
に 愛 た 子 され 神

☏ それはわざわいではなくて、平安を与える計画であり、あなたがたに将来と希望を与えるためのものである。 福音書 [ ] において、を「神の子」と呼んでいる個所として以下が挙げられる。

12
に 愛 た 子 され 神

✌ これまで、各宗教の救世主と呼ばれる人たちが神のように思われてきたかもしれませんが、救世主も神の子であり、宇宙の根源の神ではないのです。 神と人間との間には、哲学者キルケゴールが「無限の質的差異」と名づけたものが介在する。 可能性としてあり得るでしょう。

17
に 愛 た 子 され 神

😆 これは律法のときであり、ガラテヤ人への手紙第4章がいう管理人、後見人の時代でした。

17
に 愛 た 子 され 神

👏 また、生あるものをかわいがり大事にする気持ち。

5
に 愛 た 子 され 神

✋ 言(ことば)…・での表現。 一日の始まりを当たり前と思わずに感謝する。

15
に 愛 た 子 され 神

🤝 学校教師、管理人、後見人は、律法とはそれらすべてのものなのですが、それがみななくなったのです。 私の親の先祖をたどれば、海へとたどり着き、海は地球へと、地球は太陽系へと、太陽系は銀河系へ、銀河系は宇宙となります。 そういうアガペーの愛にあっては、自我の神に向かう高まりも、熱狂的解体もない。

13