古事記 大根。 日子坐王、神大根王、長幡部、結城紬

大根 古事記

🖖 これも 御子 ( みこ )の數にははいりません。

4
大根 古事記

👐 時に大國主の命に袋を負わせ從者として連れて行きました。 hortensis)は、ので、として広く栽培される。 肌はきめ細かく白色で、肉質が緻密。

11
大根 古事記

☯ 甘く水気が多いため果実のようににも利用される。 仁徳天皇の和歌の意味 意味は 山城の女が木の鍬を持って、掘り起こした大根。

17
大根 古事記

🤟 大根は用途が広く栽培が比較的簡単なため、各地で多くの品種が生まれ、生産量、消費量ともに日本が世界一を誇っています。

18
大根 古事記

☏ 花は、春に白色か淡紫色の4弁花を総状花序につけます。

大根 古事記

🌭 Raphanus acanthiformis Morel ex Sisley• その上に残りの塩をふった人参をのせ、4~5分おきます。 繊維は柔らかく、生のままサラダなどにして使われる。

8
大根 古事記

☣ 太い主根は主軸が肥大して食用となる。 備前の神根神社 旧和気郡唯一の式内社で、 備前国三宮 神根神社は三代實録の貞観七年(八六五)七月 二十六日の項に「備前國正六位上神根神(中略)等並従五 位下」とあるのが初見である。