抽象 的 意味。 抽象的(ちゅうしょうてき)の意味や使い方 Weblio辞書

意味 抽象 的

⚔ 話し手には具体的なイメージがあるのかもしれませんが、聞き手には全く分かりません。 学術論文や科学論文においては要約部分のことを意味している言葉としても知られています。 「抽象的」は、文の初めに「抽象的な~」をつけた流れで使われることが多いです。

5
意味 抽象 的

✍ このように個別の物事を違う視点で捉えることができ、視野が広がります。 このような場合に、 「あなたの話は 抽象的だ」などと言うのです。 例文は「抽象的な言葉が多用され、かなり大雑把な説明を受けた」「抽象的な言葉が多く、私は具体的な説明を求めた」です。

7
意味 抽象 的

☕ なぜ理知的という言葉と抽象的という言葉が関係しているのかと言うと、抽象的とは「いくつかの事物に共通なものを抜き出して、それを一般化して考えるさま」という意味です。 「抽象的」の言葉の使い方と例文は? 意味1:「抽象的に考える」「抽象的思考」の使い方と例文 物事を具体的に捉えるのではなく、一般化した広い視点で捉える考え方を「抽象的に考える」「抽象的思考」と言います。

意味 抽象 的

🤙 自らの思考力を鍛えるということはこれら二つの思考力を鍛えるということに他なりません。 しかしながら図解化して考えてみると、物事の内容などがある程度詳細に理解することができるようになります。 一般化とは数あるものから共通する性質を抜き取り、一つの意味や内容にまとめる・普遍化することです。

7
意味 抽象 的

☺ 漠然と(ばくぜんと) 「概念的」とは「抽象的にとらえる」「物事を大まかにとらえる」ということです。 「具体的」と「抽象的」の違い• 反対語 まずはじめに抽象的という言葉と反対の意味を持った言葉についてご紹介します。 細かいところを気にせず全体を大づかみにするさま・大体・あらましを表します。

15
意味 抽象 的

😇 一方、抽象を英語にすると「abstract」となり、例えば上記の「抽象的な文章」を英語にすると「Abstract text」となります。 何を指しているのかぼんやりしていてよくわかりません。

3