ループ 7 回目 の 悪役 令嬢。 ループ7回目の悪役令嬢は、元敵国で自由気ままな花嫁生活を満喫する(1)/雨川透子/オーバーラップ/ノベル/まんが王倶楽部 MangaohClub

令嬢 の ループ 回目 7 悪役

✋ 「……何かと思えば……」 「あっ、いま『くだらない』ってお顔をなさいましたね!? だって夫人たちが仰っていました、実際に見た人もいるんだとか!」 「どこの城にも存在する、退屈しのぎの作り話だろう? 真偽よりも話題性の方が重要視される、一種の娯楽のようなものだ。

17
令嬢 の ループ 回目 7 悪役

😔 ディートリヒのためというよりも、ここにいる人々や騎士たちのために。 が、本人は首元がカッチリした服装が実は嫌いなので、ひとりの時はすぐ襟元を緩めて鎖骨くらいまでは出しがちです ---------------------------------------- これは先日「キャラの練習には現代でどう生活してるか想像すると良い」というのを見てやってみたものの、そういうことではないのでは?と我に返って放置したメモ ---------------------------------------- いままで趣味など皆無だったアルノルトが、妻を構うことを趣味にしつつある推移 ---------------------------------------- 没になった、一章のとあるシーンの供養です。

令嬢 の ループ 回目 7 悪役

💓 ---------------------------------------- リーシェはどちらかというと理系で、アルノルトはどちらかというと文系という気持ちでいます ---------------------------------------- ガルクハインのある大陸の各国には、『王家絡みの祭典参加者は、男女問わずに宝飾品を身につける』という慣例があるため、アルノルトも祭典の時は宝石のついた耳飾りや指輪・腕輪を着けます。 それが自分の役目であり、使命なのだ」と自分に言い聞かせていたからだ。 。

令嬢 の ループ 回目 7 悪役

✌ 子供の頃から蝶よ花よと育まれ、たっぷりの自信に満ち溢れた彼は、いつも尊大な態度で周囲に接している。 「悲しみでドレスは汚れませんし、靴も壊れません。 この日の夜会に使われていたホールの位置から、リーシェの暮らす離宮までの最短ルートである。

令嬢 の ループ 回目 7 悪役

😝 気を抜くとまた動けなくなるぞ」 「はい。 それでも歯を食いしばり、なんとか身についてきたころ。 そのあとで、何も言わずに視線を戻す。

18
令嬢 の ループ 回目 7 悪役

😅 「そんな無敵のアルノルト殿下が、私の手の届くところに居て下さると思えば。

19
令嬢 の ループ 回目 7 悪役

🤩 原作小説はオーバーラップノベルスより第1巻が刊行されている。 「月が綺麗ですね」 「……」 アルノルトは一度空を見上げ、遠くに潤む三日月を眺めた。

令嬢 の ループ 回目 7 悪役

😍 でも心の声で呼ぶときは「カイル王子」です。 読書すること自体が目的(やりたいこと)のリーシェと、目的のために本を読んでいるアルノルトです。

13