クリストファー プラマー。 クリストファー・プラマーさん死去 91歳 「サウンド・オブ・ミュージック」トラップ大佐役

プラマー クリストファー

♨ このほかにも、プラマーは、「終着駅 トルストイ最後の旅」(2009)と、「ゲティ家の身代金」(2017)でノミネートされている。 一緒に働いた記憶、長年共有した笑いと楽しい思い出を、大切にしています」と述べた。

9
プラマー クリストファー

🤪 以来、テレビ・映画・舞台・ラジオと幅広く活躍している。

プラマー クリストファー

🌏 主演を務めた演劇「シラノ」で74年にトニー賞ミュージカル主演男優賞を受賞。

5
プラマー クリストファー

⚑ だが、その後、ブロードウェイとロンドンで数多くの舞台作品に出演し、トニー賞にも7回ノミネートされ、そのうち2回受賞している。 ペンタゴン空軍省に勤めるエリート官僚スコット・ハフマン(セバスチャン・スタン)は、退役軍人のタリー(ウィリアム・ハート)から依頼を受けたことをきっかけに、ピッツェンバーガーへの名誉勲章授与に関する調査を行うことになる……。 だが、公開が数週間先に迫ったところでスペイシーの過去のセクハラが暴露され、急遽、リドリー・スコット監督は、プラマーで撮り直しをすると決めたのである。

1
プラマー クリストファー

⚛ どうしようもない状態でありながら、自分に『大丈夫』と言い聞かせて生きていくんだ」。 91歳だった。 50年代にブロードウェー・デビューを果たし、ジュリー・アンドリュースさんと共演した「サウンド・オブ・ミュージック」(65年)のトラップ大佐役で広く知られるようになった。

9
プラマー クリストファー

🤚 40代になってますます仕事が楽しくなった それからはコンスタントに映画に出演をするが、映画の仕事が本気で楽しくなったのは、40代になってから出演した1975年の「王になろうとした男」からだったと、プラマーは筆者とのインタビューで語っている。 そのお姿をもう見られないのは、とても悲しい。

13
プラマー クリストファー

⌛ プラマー自身が頭も体もお元気なので、そのためのリサーチをしたのかと聞くと、「いや、していない。

11
プラマー クリストファー

😙 自分が元気に年齢を重ねていけたのには、3度目の妻エレイン・テイラーのおかげも大きいと、その時、プラマーは語っている。

18