大阪 姉妹 殺害 事件。 大阪・姉妹殺害とは

事件 大阪 姉妹 殺害

💙 少年は母親に勝手に無言電話したことを問いただしたが認めず、母親が少年に対し「出て行け」などと言ったことに腹を立て、借金の事も絡んで口論となり、頭に血が上った少年は金属バットで母親の頭と顔と胸などを殴り倒し母親を滅多打ちにし殺害した。

5
事件 大阪 姉妹 殺害

🖕 その後、ベランダで煙草を吸った後に姉妹の胸を再び突き刺してとどめを刺し、室内に放火し現金5000円や小銭入れ、貯金箱などを奪った上で逃走した。

12
事件 大阪 姉妹 殺害

❤️ 「事件のあとで、彼らが共同生活をしていた部屋にも刑事が聞き込みにやって来ました。 中学を卒業するとすぐに働き始めますが、母親を殺して少年院に入ることとなります。

事件 大阪 姉妹 殺害

✆ 高校に進学できなかった山地は、中学校を卒業した後、新聞配達を始めたが、母子家庭の山地家は生活が苦しく、借金まみれだった。 自分はどうなってもいい」という捨て鉢な態度で、さっさと立ち上がって接見室から出て行った。

事件 大阪 姉妹 殺害

👍 妹を乱暴した後、手を洗ってベランダでタバコを吸うと、部屋に戻って姉妹の心臓にナイフでとどめを刺した。 目立つのは、本人が死刑を本気で望んでいたところ。

20
事件 大阪 姉妹 殺害

🎇 山地についてはについての議論もあるようですが、僕は「結果の重大性」を重視するし、殺人犯に「更生の必要性」をまったく認めていないので、「障害と犯罪の因果関係」についてこの事件では関知しません。

5