トウモロコシ の 種まき。 トウモロコシ栽培☆種まきと上手な苗作りコツ・育て方ポイント

の 種まき トウモロコシ

☭ トウモロコシの適期はとても短く適期を逃すと糖分がみるみる減少して甘味が無くなってしまいますので、収穫時期を逃さないように気を付けましょう。 栽培のポイントとしては、1列よりも2列に並べて植えることです。

の 種まき トウモロコシ

😅 また、種の尖っている方を下向きにして土に刺して、薄く土をかぶせるとといいようです。 Contents• 少ない数で植えると受粉ができずに、まばらにしか実の入らないトウモロコシになってしまいます。

の 種まき トウモロコシ

😉 株間が倍になるので栽培本数は変わらないのですが、支柱の本数は倍になるのでかなり作業が増えます。 植え穴は350mlの空き缶をギザギザに切ったものを使って開けていくといいでしょう。

4
の 種まき トウモロコシ

💖 日本へは1580年ころにヨーロッパからポルトガル人によって長崎に伝えられ、明治時代にアメリカから品種が導入され、北海道開拓を機に本格的な栽培がはじまりました。

1
の 種まき トウモロコシ

🤑 発芽から苗が若いうちは乾燥に注意するなど世話をする必要がありますが、ある程度成長してからはぐんぐん育って夏になると大きく実ります。 不織布は畝の上にのせ、 風などで飛ばされないように端を留め具で固定。 ポリポットで育てる時は9cmポットに2~3粒蒔いて本葉が3枚になるまでポットで育てましょう。

の 種まき トウモロコシ

🤚 受粉が完了した目安は、雌穂から出ているヒゲが変色しはじめたら大丈夫と見て良いでしょう。

18