花山院 の 出家 品詞 分解。 大鏡 「花山院(くわさんゐん)の出家(すけ)」 現代語訳

出家 花山院 品詞 分解 の

☘ どの敬語も、その敬語を実質的に使った人間からの敬意である。 作者からの敬意。 動作の主体である花山院を敬っている。

5
出家 花山院 品詞 分解 の

🤚 だから、早い段階で品詞を学ぶと、その後の勉強が楽になります。

8
出家 花山院 品詞 分解 の

☏ 「す・さす・しむ」は直後に尊敬語が来ていないときは「使役」だが、尊敬語が来ているときは文脈判断。

19
出家 花山院 品詞 分解 の

✆ 天元五年二月十九日に御元服され、御年十五歳でした。

18
出家 花山院 品詞 分解 の

👣 かつて、ここが明治で出たときには、ここが空所であけられて、正しい「月」を選ばなければいけない問題が出ましたから。

2
出家 花山院 品詞 分解 の

💋 (手段・用法)~で。 (大人は落ち着いていて思慮分別のあることから)思慮分別がある。 給ふ =補助動詞四段「給ふ(たまふ)」の終止形、尊敬語。

出家 花山院 品詞 分解 の

😁 補足 補足、拝見しました。

8
出家 花山院 品詞 分解 の

👌 謀る =ラ行四段動詞「謀る(はかる)」の連体形、だます、欺く なり =断定の助動詞「なり」の連用形、接続は体言・連体形 けり =詠嘆の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形。 粟田殿(=藤原道兼)からの敬意。 永観二年八月二十八日 =名詞 位 =名詞 に =格助詞 つか =カ行四段動詞「就く(つく)」の未然形 せ =尊敬の助動詞「す」の連用形、接続は未然形。

13