幸せ に なる 勇気。 【世界を愛せ】「幸せになる勇気」を要約解説しました【アドラー心理学】

なる 幸せ 勇気 に

🤞 次は、これらの関係にある人に対してする行動が、自分のためなのか、相手のためなのか、つまり利己的なのか、利他的なのかを考えます。

1
なる 幸せ 勇気 に

🌏 それは決意であり、決断であり、約束である」と。 医学・心理学・情報発信を勉強している医学生です。

なる 幸せ 勇気 に

❤ アドラー心理学でも「人間関係の悩みはすべて、対人関係にある」という考え方が前提にあり、この2つの著書は、人間関係に悩む人にはもってこいというわけです。

6
なる 幸せ 勇気 に

🖕 あなたが、小学生の子供に教えることがあれば、逆に彼らから教わることもあります。 先生が生徒を誉めれば、生徒は自分が褒められれば誇らしいし、逆に他の生徒が褒められれば悔しいと思うようになります。 叱ることは、言葉の暴力であり、人間的にも最も幼稚なコミュニケーションなのです。

10
なる 幸せ 勇気 に

😇 それを見た子どもは、自分を子ども扱いするのではなくひとりの人間として向き合ってくれている、いわば「尊敬」されていると感じるのです。

14
なる 幸せ 勇気 に

🤪 積極的な子どもは「いたずら」によって、注目を得ようとします。

12
なる 幸せ 勇気 に

💢 また、叱るという行為は、相手を手っ取り早く屈服させようとする、コミュニケーションの暴力であり、さらに問題行動を起こす生徒は、叱られて注目されることを目的としてるので、当然叱っても、問題行動をやめさせることはできない。 また、自傷行為や引きこもりも、アドラー心理学では「復讐」の一環なのだと考えます。 他者を愛する勇気さえ持てれば、 他者を愛し続ける事ができます。

5